ヴァーレの従業員は世界中で、今週は健康と安全について考えます。 詳細

私たちは毎日、自分たちの生命を守る必要があります。3年連続して、ヴァーレは世界中で、健康と安全について考える日を推進しています。今週、当社の従業員およびサービス提供者は、健康と安全について議論するためにリーダーたちと一緒に集まります。このイベントは当社の目標であるゼロ災害の達成および、「人々の生命が優先」というヴァーレの価値の1つを吸収するために力を合わせて集中するための方法です。

この世界的なイベントは、すでに25万人の参加者を動員しました。昨年は、ヴァーレの拠点がある27カ国から約16万人の人々が参加しました。今年のテーマである対話は、本物の思いやりとなります。このコンセプトは基本的にはお互いを思いやることを意味します。私たちはあなた自身を思いやり、他人を思いやり、そして他人があなたを思いやることを可能にする重要性について示そうと思います。

対話の結果として、生命を守るための真の変化が、職場および従業員の私生活の両方で起こっています。サンルイスにあるヴァーレの植物園管理人のGiselly Pintoは、手っ取り早い方法を考えていた夫を止めることで、家庭での事故を防ぎました。「私たちは最近、新しい家に引っ越しました。引っ越しの間に私たちは梱包し、そのとき夫がクローゼットの一番上の衣類に手を伸ばすため、踏み台の上に登るのを見ました。私はすぐにそこから降りて、梯子を使うように言いました」とPintoは思い出します。

あなたの生命とあなたの周りの人の生命に気を配るため、あなたは何をしていますか?

直接的なコミュニケーションと高い感情的な影響

考える日の成功のための秘訣は簡単です。高い感情的な影響を持つ直接的なコミュニケーションが熟考を誘います。リーダーは自分のチームと話をするためのサポートキットおよびそれぞれのエディションのテーマについての議論を刺激するために使うビデオを受け取ります。 昨年のビデオから見てみましょう。

認識された努力

今年の6月、私たちが考える日のために採用した直接的なコミュニケーション戦略が、ニューヨークでゴールドクィル賞を受けました。さらに、2011年版で使用した映像が、カンヌのコーポレートメディア&テレビ賞を受けました。これは世界で最も重要な企業映画祭の1つです。